アパート・マンションの退去費用の相談・原状回復の相談なら札幌敷金相談センター

カーテンレール・タオル掛けが壊れた退去費用について

カーテンレール・タオル掛けが壊れた退去費用について

IMG_2147 - コピー

タオル掛け - コピー


カーテンレール・タオル掛けが外れ壁・石膏ボードに穴が開いた場合の費用は原則貸主の負担になります


国土交通省のガイドラインでは

石膏ボードの穴やクロスの破れについは、原則として貸主負担となっております


壁石膏ボードは、石膏を主成分とした素材を板状にして、特殊な板紙で包んだ建築材料で、価格も安く優れていることから建築物の壁、天井などに広く用いられていますが、簡単に穴があき、壊れやすい壁材です。


裁判所ではカーテンレールやトイレのタオル掛けの破損も、石膏ボードに取り付けられた場合、その材質上、取れ易いことは経験則上明らかである。


通常の使用により生ずる損害、損耗であり、賃貸人が負担すべき、とした判例があります。


ただし何でも貸主負担とは言っておりません。

通常の使用で壊れたものは貸主負担だと、寄りかかって壊したなど通常の使用でないものは借主負担だと


クロスの張替えは破れた部分・汚れた部分だけが基本になります

クロスの全部屋の張替え請求が有っても支払う必要はありません

クロスは6年住むと退去時の費用は1円になります

クロスに付いた家具の跡・電化製品の黒ずみ電気ヤケは貸主の負担です

壁ボードに穴を開けてしまった場合の退去時の補修費用について










トータル2718今日5昨日2



powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional