札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

床・フローリングの傷、汚れの退去時の費用は

床・フローリングの傷、汚れの退去時の費用は

IMG_20200221_081443 - コピー


最近のアパート・マンションの床材には、価格が安く、耐久性が優れており、施工しやすいクッションフロアが多く利用され、フローリングを床材に利用する賃貸は少なくなっています。

理由としてはクッションフロアに比べると工事費が高く、傷がつきやすいことが原因だと思われます。

アパート、マンションの部屋で使われる床材のフローリングには複合フローリングが多く使われていますが

複合フローリングというのは、合板の表面に化粧材を張り合わせたもので、用いる化粧材によって、薄く削った天然木の突き板を用いるタイプと、樹脂化粧シートなど特殊加工の化粧材を張ったタイプがあります。賃貸においては価格が安い樹脂化粧シートのフローリングが使用されています

床・フローリングの補修費用について


フローリングを過失で、傷つけたり、汚した場合借主が費用を負担する必要がありますが''、フローリングの日照による変色・家具・電化製品あと、ヘコミは通常損耗などであり、貸主負担になります


フローリングの部分補修の原状回復費用には減価償却という考え方はありません

フローリングに傷をつけたり、汚した場合は部分補修は経過年数(原状回復費用に減価償却はありません)を考慮しませんので高額になることが多いです

ただし、フローリング床全体を張替えた場合は、当該建物の耐用年数で残存価値1円となるなるような直線を想定し、負担割合を算定させていただきます。





『フローリングの張替え費用』でフローリングの張替え費用・減価償却について詳しく解説しています


『クッションフロアの張替え費用』クッションフロアの張替え費用・減価償却について詳しく解説しています





トータル865今日4昨日2



コメント


認証コード9837

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional