アパート・マンションの退去費用の相談・原状回復の相談なら札幌敷金相談センター

カビが発生すると原状回復費用は借主の負担になるのか

カビが発生すると原状回復費用は借主の負担になるのか

IMG_1481 - コピー

IMG_0518 - コピー (2)


カビが発生すると原状回復は借主が費用を支払わなければいけないのでしょうか?

カビの発生原因は結露の発生が主な原因であり一般的には構造上の問題です



アパート・マンションに住んでいると、日が当たりにくいところ、湿り気の多い水回り、窓の下にカビが発生することは無いでしょうか、私の住んでる地域は冬になると外はマイナス10度、部屋の中は25度あり窓は気密性に優れた2重サッシになっており、冬場になると窓に大量の結露が発生しカビ発生の原因になります


構造上の問題でカビが発生した場合は貸主負担になります

過失、善管注意義務違反の場合は借主負担になります


ただカビの発生原因を特定することは、難しいことです。

管理会社は借主の換気不足だとか、水分を必要以上に発生させたといい加減な事を言って不当な退去費用を請求します。

証拠はあるのでしょうか・本当でしょうか?



名古屋地方裁判所判決 平成2年10月19日

壁クロスの汚損が結露によるものとしても、結露は一般に建物の構造により発生の基本的条件が与えられるものであるから、特別の事情が存しない限り結露による汚損を賃借人の責に帰することはできない。となっています


結露の発生は基本的には建物の構造上の責任で借主の責任ではありません


カビ結露が発生!拭き取り・手入れを怠ると借主の責任になります

カビ結露が発生したら管理会社へ報告する義務があり怠ると借主の負担です

カビ結露によるクロスの汚れ剥がれは原則貸主の負担です

カビが発生し200万円を超える退去費用の請求がありました

退去立ち合い・結露によるクッションフロアの退去費用の査定












トータル2464今日2昨日1



powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional