札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

床・カーペットの汚れ、破れについての退去時の費用

床・カーペットの汚れ、破れについての退去時の費用

画像の説明

カーペットにとれない汚れをつけると借主が退去費用を負担することになります。

ただし飲み物や食べ物を落として汚してもシミにならない普通の汚れは貸主負担になります。

最近のアパート・マンションの床材には、価格が安く、耐久性が優れており、施工しやすいクッションフロアが多く利用されて、価格も高く、管理も大変で、施工しにくいカーペットはあまり使用されていません。

カーペットの退去費用はいくらするのか?

画像の説明


カーペットに写真のようなシミ・カビがある場合その部分だけを張替えるのが原則ですが、カーペットは汚れの部分だけを直すと他の部分と色が違ったり、カーペットは接着剤で下地に貼り付けており1か所だけ取り換えるのは難しい床材になっております。

したがってカーペットは部屋全体の張替えをする場合が多いです。


6帖 約10㎡が借主負担だとすると

費用は前のカーペットの撤去費を合わせると㎡単価6000円かぐらいが相場なので6万円の負担になります。


- 入居後3年で退去する場合の退去費用はいくらか?

この場合は6年の3年分で半分の費用負担が必要でなので30000円が借主負担です


-入居後6年以上経過していた場合の退去費用はいくらか?

減価償却の6年が経過しているのだから負担は要らないのではないか?

どうせ新品にするのだから費用負担はしなくてよいのか?

やはりシミ・カビを付けたのは借主なので費用負担は必要になります。


国土交通省の退去におけるガイドラインや裁判の判例などでは、カーペットは6年で減価償却が終了し残価が1円になりますが、カーペットに経済的価値がある場合は0円にはなりません。



>''カーペットの家具の凹み・電化製品の跡についてはカーペットの家具凹み・電化製品の跡は貸主負担」で詳しく解説しています

カーペットは6年間部屋を借りていると、原則として退去費用の支払いが1円になります6年以上入居しているとカーペットの退去費用の支払いは1円で詳しく解説しています






トータル369今日2昨日2



コメント


認証コード8922

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional