札幌でアパート・マンションの退去費用の相談・原状回復の相談・敷金の相談を行っています

床クッションフロアに傷・汚れ退去時の費用について

床クッションフロアに傷・汚れ退去時の費用について

画像の説明
IMG_0639 - コピー
画像の説明
画像の説明



借主が間違ってうっかりしてクッションフロアを汚したり、傷をつけると借主がクッションフロアの張替え費用を負担します。


ただ本来は貸主の負担になる費用が借主に請求されていませんか




▶クッションフロアに付いた家具の凹み・電化製品の跡は貸主の負担になります


▶クッションフロアに出来た黒ずみは貸主の負担です




クッションフロアの少しの傷や汚れはパテで補修したり色を塗り補修が可能なのですが、多くの管理会社は不当に新品の張替えを主張します

クッションフロアは1枚物のシートになっており、傷や汚すと一部を剥がして張り替えることは出来ませんので全部の張替えが請求されます


クッションフロアとは塩化ビニル系シート状床材になります。
一昔前までクッションフロアといえば、水分を通さないため、洗面所、トイレ、キッチンなどの水まわりの場所の床材でしたが、最近では「フローリング調のクッションフロア」などがあり、フローリングと比べて安価で施工も大きさにカットして貼るだけなので、最近の賃貸物件では主流の床材となっていますが、ヘコんだり傷がつきやすい床材になります。


クッションフロアの退去費用については


「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」には

▶クッションフロアの耐用年数は6年であり、原則6年入居すると価値は0円または1円であると記載されています




▶クッショフロアの不当な退去費用!正当な張替え費用


▶クッションフロアの小さい傷は張替えでなく補修で対応できます


▶クッションフロアに傷を付けても6年住むと退去時の費用は1円になります





画像の説明



退去費用の見直し2






トータル5238今日1昨日10



powered by HAIK 7.6.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional