札幌でアパート・マンションの退去の立会い・退去費用相談・原状回復の相談なら札幌敷金相談センター

ドア扉に傷つけた、穴を開けた場合の退去費用について

ドア扉に傷つけた、穴を開けた場合の退去費用について

IMG_2603 - コピー - コピー

ドア傷

IMG_2893 - コピー


入居中に間違ってドアに傷をつけたり、穴を開けたら補修費用は借主の負担になります。

ドア扉の少しの傷で補修費用や取替え費用が驚くほど高額な請求が来ることがあります。


アパート・マンションで多く利用されているドアや扉はフラッシュドアになります。

フラッシュドアは骨組みの両面に合板などの化粧板の面材を接着して仕上げる軽量で比較的安価なもので1万円台で販売されている商品もあります。

フラッシュドアに貼られている表面の化粧板は薄く空洞があるため、衝撃に弱く損傷しやすく、傷が付いたり穴が開きやすいドアになります。

ドア建具の補修費用について

ドアを過失で、傷つけたり、穴を開けた場合は借主が費用を負担する必要がありますが、ドア扉の補修費用や取替え費用は高く不当な退去費用請求事例が多くあります


ドアの小さな傷はタッチペイントやキズ補修ペンで補修を行います

本来は小さい傷は補修で十分に対応できるのにシート張替えや化粧板の張替えが必要だと主張し高額費用を請求する事例が多くなっています。
本当に張替えは必要なのでしょうか?


キズが有ったり、凹むとシート張替えや化粧板の張替えになります。

本来はシート張替えや化粧板の張替えで十分なのに新品に取り換えが必要だと主張し高額費用を請求する事例が多くなっています。

本当に新品に取替は必要なのでしょうか?


穴が開いたり、傷が大きいとドア扉の取り換えになります。

本本来はシート張替えや化粧板の張替えで十分なのに新品に取り換えが必要だと主張し高額費用を請求する事例が多くなっています。
本当に取替は必要なのでしょうか?


ド''ア扉の補修費用は高く不当な請求が多くありますので気をつけましょう


ドアの原状回復に保険を利用し10万円以上減額になりました












トータル7411今日4昨日7



powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional