札幌でアパート・マンション・店舗・事務所の敷金相談・退去費用相談・原状回復相談・退去立会い・退去費用の査定・退去費用の計算なら札幌敷金相談センター

ハウスクリーニングが契約書に実費とあればいくら支払うのか

ハウスクリーニングが契約書に実費とあればいくら支払うのか


画像の説明


契約書の特約によりハウスクリーニング費用が実費と記載されているが、掃除をしても支払う必要があるのか、どのくらいの費用を支払うのかと質問がありました


原状回復のガイドライン・裁判の判例でも契約書に特約があり高額でない限り有効だと言っております。


例え綺麗に掃除しても、ハウスクリーニング費用が極端に高額でない限り支払う義務が発生します。

ハウスクリーニング費用は絶対支払う必要があるのか


先日築31年入居16年のマンションの退去立会いを行わさせていただきましたが、契約書にハウスクリーニング・絨毯クリーニングが実費と記載されていました。


個人的には、入居して16年経過したら退去時のハウスクリーニング費用は必要ないと思うのですが、お客様も納得してましたので、退去費用の査定書に記載されていただきました。


ただ入居16年した絨毯クリーニング費用は記載しませんでした。


絨毯の減価償期間は6年です。入居時にカーペットが新品でなく、お客様の入居期間と前の入居者の期間を合わせると20年は超えてます。


十分に経過年数は超えているのです。これから人に貸すためには張替えが必要なものになぜクリーニング費用の負担が必要なのか、私にはわかりません。常識からして、張替えるものにクリーニング費用は必要ありません。


この件を管理会社の担当者に質問したのですが、答えはありませんでした。


一般的にハウスクリーニングの中に絨毯クリーニングも含まれていますし、今回はハウスクリーニング費用の金額提示が低く、実質絨毯クリーニング費用は計上されていませんでしたが。


おかしいと思うことは、聞いて確認しましょう



ハウスクリーニング・水回り消毒料費用・掃除の仕方についてはこちらを確認ください

ハウスクリーニング・掃除よくある相談についてはこちらをご覧ください






トータル467今日1昨日0



powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional