札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

クッションフロア・絨毯は6年住むと退去費用は1円なのか

クッションフロア・絨毯は6年住むと退去費用は1円なのか

画像の説明


原状回復でトラブルになりやすいのが減価償却や耐用年数の問題です。減価償却の知識を持っていないと退去費用を余計に支払い、借主の負担増になります。


減価償却とは簡単に言うと物の価値というものは時間が経つにつれて減っていくという考え方です。クッションフロア・カーペットなど減価償却の対象になるものは、どのくらい価値が減っていくか算出されますが、その時のその物の使用可能年数が考慮されます。それが耐用年数と呼ばれているものです。

クッションフロア・カーペットなどは、年数(入居期間)が経てば自然と劣化していき、その自然劣化分は家賃に含まれているのだから、自然劣化分は大家側が負担するべきものだという考えです

クッションフロア・カーペットの減価償却計算について


クッションフロア・絨毯は減価償却では6年経過すると1円になる計算なのですが、クッションフロア・絨毯に経済的価値がある場合は1円の評価にはなりません

トイレのクッションフロアとか水回りのクッションフロアは6年経過すれば利用出来なくなるものではありませんので経済的価値がある場合が多いと思いますが

カーペット・絨毯は汚れやすい物ですので6年経過すると経済的価値がなくなる場合もありますが


経済的価値についての決まりはありません、入居10年では0円でも問題ないと思いますが、6年以降10年までの間は、お客様からの聞き取り、現地を確認して判断することになると思いますが




床材の家具のヘコミ・電化製品の跡は借主の負担になのか?


退去する際の床クッションフロアの傷・汚れの費用について



トータル262今日1昨日2



コメント


認証コード9415

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional