札幌でアパート・マンションの退去費用の相談・原状回復の相談・敷金の相談を行っています

退去時に残るペットの臭いは借主の負担です

アパート・マンションの退去時に残るペットの臭いは借主の負担になります

画像の説明



退去時に残るペットの臭いは借主の負担になります。


犬や猫のペットの臭いは通常の臭いではなく、退去時に臭いが残っていると匂いを消すための費用が必要になります


借主様はペットの臭いは無いと思っていても、管理会社大家から臭いを指摘されることが多いです。


国土交通省のガイドラインには

共同住宅におけるペット飼育は未だ一般的ではなく、ペットの躾や尿の後始末などの問題でもあることから、ペットにより柱、クロス等にキズが付いたり臭いが付着している場合は賃借人負担と判断される場合が多いと考えられるとなっております。

画像の説明


ただ臭いを付けた場合にどのくらいの退去費用が必要なのかは具体的にはよくわかりません。

臭いを数値にすることも難しく。

匂いをどう感じるは人により違います


臭いを取るためにクロスの張替えを請求されたり

薬剤を噴霧し、ニオイ成分を叩き出しオゾン発生器を使用しオゾン消臭を行う方法もあります

壁(石膏ボード)の張替えや建具の清掃を請求される場合もあります


ほとんどの管理会社はペットの臭いがあっても、壁紙の張り替えの請求のみになり壁の張替えまで請求してくる管理会社・大家はいませんが




ペットを飼っていた場合の退去時の費用について


▶ペットを飼って100万円を超える退去費用の請求がありました


▶ペットを飼っていた部屋の退去の立会いを行いました




IMG_1015 (1)

ペットを飼った場合の退去費用原状回復電話相談・査定書の作成を行っています





トータル974今日1昨日0





powered by HAIK 7.6.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional