アパート・マンションの退去費用の相談・原状回復の相談なら札幌敷金相談センター

フローリングの変色・色落ちは借主の負担ではありません

フローリングの変色・色落ちは借主の負担ではありません

SnapCrab_NoName_2021-6-24_6-21-57_No-00 - コピー

画像の説明

画像の説明


フローリングは普通に利用していても、変色したり、白くなったり、色が落ちます。
これは通常損耗であり、借主が原状回復費用を負担する必要はありません


色落ちの原因はフローリングの塗装が剝がれたことが原因になります


アパート・マンションのフローリングのほとんどで複合フローリング使用されています。

複合フローリングは、集成材や合板の基材の上に1mm以下の薄くスライスした木を張り合わせて作られています。

その表層が非常に薄いため、表面塗装の剥がれやひび割れが発生しやすくなります


複合フローリングには樹脂塗装(ウレタン塗装など)が施されていますが紫外線や水分の影響・普通に利用しても時間が経つと塗膜が劣化し白く変色したり色が落ちます


色落ちした、塗装が剥がれたはフローリングは既存のフローリングのワックスを一度剥がしてから、再度ワックスを塗り直すことにより、元に戻ります。


ワックスは定期的に行うもので、10年行もわないと色が落ちてきます


ワックスをかける費用は貸主の負担です



フローリングの寿命は、通常15年から20年といわれています


フローリングは経年によって劣化します


フローリングの色落ち・塗装の剥がれは通常損耗であり貸主の負担になります


フローリングの傷汚れによる張替え費用について

フローリングに付いた家具の凹み・電化製品の跡は貸主の負担になります

床フローリング・クッションフロアの黒ずみは貸主の負担です

フローリングが剥が・割れは借主の責任ではありません

入居中退去時のフローリングのワックスがけは貸主の負担です














トータル370今日2昨日1



powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional