札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

壁紙クロスの退去時の張替え面積の一面とは

壁紙クロスの退去時の張替え面積の一面とは

画像の説明


つい入居中に壁紙クロスを破いたり、汚したこはないでしょうか


貸主・管理会社は、クロスの一部のキズや汚れに対して部屋全体の張替え費用を請求してくるケースがあります。一部だけのクロス交換では他の面との差がでてしまうからです。しかし、借主の負担となるのは原則キズや汚れがついた一面までになります。


国土交通省のガイドラインでは、クロスの適正な施工単位を下記のよう定義しています


クロスの補修単位を㎡単位が望ましいとしつつ、あわせて、やむをえない場合は毀損箇所を含む一面分の張替え費用を、毀損等を発生させた賃借人の負担とすることが妥当と考えられています。


壁紙の張り替え費用は平方メートル単位で算出するのが基本になっていますが、あまり小さい単位で張り替えを行うと、汚損部分だけ張り替えると以前の古い壁紙と色の差異ができてしまうため賃貸物件としての価値を損なう恐れがあります。


そのため、毀損(汚れやダメージ)がある部分を含む壁紙1面分までは、張り替え費用として入居者が請求されてもやむを得ないとするのがルールになっております。



壁紙を汚した破いた場合の費用については壁紙の張替え費用の計算で詳しく解説しています

壁紙は6年間部屋を借りていると、原則として退去費用の支払いが1円になります6年以上入居しているとクロスの退去費用の支払いは1円で詳しく解説しています






トータル275今日1昨日2




コメント


認証コード7938

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional