札幌でアパート・マンション・店舗・事務所の敷金相談・退去費用相談・原状回復相談・退去立会い・退去費用の査定・退去費用の計算なら札幌敷金相談センター

本当はクリーニング・水回り消毒料は貸主の負担なのですが

本当はクリーニング・水回り消毒料は貸主の負担なのですが

画像の説明

契約で特約によりハウスクリーニング費用・水回り消毒料・エアコン整備料・ストーブ整備料・鍵交換費用などは本来貸主負担であるはずの費用が借主の負担になるのです。


裁判所でも認めています。


特約は借主にとって不利な契約なのですが、国も認めているのです。


借主にとって不利な契約であっても、契約書に記載があれば借主が費用を負担しなければならないのです。


賃貸借契約も民法上の契約である以上、お互いが納得した上で締結されている限り、本来の費用負担と違う契約内容でも有効ということです。


これを「契約自由の原則」といいます。


契約自由の原則とは、個人の契約関係は、契約当事者の自由な意思に基づいて決定されるべきであり、国家は干渉してはならない、という原則のことです。


最近特約で何でも本来貸主負担のものが借主の負担になっています、少し拡大解釈をし過ぎではないでしょうか?


貸主・借主は平等ではありません。普通でも貸主の方が強いのだから裁判所でも、もう少し時代にあった「契約自由の原則」の解釈の判例を出してほしいものです。



ハウスクリーニング・水回り消毒料費用・掃除の仕方についてはこちらで説明しています

ハウスクリーニング・掃除よくある相談についてはこちらで説明しています






トータル559今日4昨日4



powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional