札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

生活保護者の退去時の費用は国は負担しません

生活保護者の退去時の費用は国は負担しません

画像の説明

生活保護者は退去時の費用を役所が負担するのか


答えはNOです 費用負担は行いません


理由は退去時の原状回復とは賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等は、借主が退去費用、原状回復費用を負担することになるからです。

個人が起こした責任まで国は関与しないということです。もっともなことです

生活保護者の退去時の費用支払いの問題点


アパート・マンションを生活保護者が契約を行うとき、入居中に問題点があります

1.生活保護者がアパート・マンションを借りるときに敷金は役所から支給されますが、ハウスクリーニング・水回り消毒料・ストーブ分解整備料・エアコン整備料などの費用は支給されません。
自分で費用を負担するか、上記の費用がかからない部屋を探すしかないのですが、なぜか入居時に費用を支払いせずに、退去時に費用の支払いを先送りをするのです。
また不動産会社も部屋を貸すために大家に詳しいリスクを話さずに、部屋を貸すので、入居時にハウスクリーニング代を払えないに、退去の原状回復費用を払えるわけが無いのです。入居前から揉める原因を作っているのです

2.生活保護者の人は自分が家賃を支払ってるのではなく、国が払ってから自分には関係ないと思っているのか、退去の費用も国が支払ってくれると思っているのか、部屋を見に行くとビックリするほど部屋が汚いことが多いです。
病気の方は別として、自分の事は十分に出来るのに他人の部屋だからと思っているのか,自分に関係ないと思っているのか本当に汚いことが多いです




退去する時の壁紙・クロスの費用負担について


退去する時の床材フローリング・クッションフロア・カーペットの費用について





トータル230今日2昨日0



コメント


認証コード4617

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional