札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

床・フロアタイルの傷・汚れの退去の費用負担額は?

床・フロアタイルの傷・汚れの退去の費用負担額は?

画像の説明


フロアタイルに傷をつけると、借主が費用を負担するのが原則になります。


最近のアパート・マンションでは、価格も安く、管理も楽で施工し易いフロアタイルやクッションフロアが良く使用されています。

フロアタイルとは、塩化ビニル樹脂の素材の床材で厚み約2.5mmでタイルのようにピース状で一枚一枚貼り合わせるので、デザインも多彩になっておりますが、へこみやすく、傷が付きやすい床材になっております。

フロアタイルと同じ塩化ビニル素材で厚さ1.8mmで、1枚施工のクッションフロアもあります。

フロアタイルの方が厚さもあり、デザインに優れているため居間などに使われていることが多いですが、費用はクッションフロアーより高額になります。

フロアタイルを使用し、家具や電化製品などを置くとそのあとは凹んでしまいます、日照などで変色もします。これは通常損耗であり貸主責任になります


このような使用で部屋に傷にをつけても借主は費用負担をする必要はありません


フロアタイルの減価償却・経過年数について


フロアタイルを過失で、傷つけたり、汚した場合は借主が費用を負担する必要があります。

賃借人が経過年数1年で毀損させた場合と経過年数10年で毀損させた場合を比較すると、後者の場合は前者の場合よりも大きな経年変化・通常損耗があるはずであり、この場合に修繕費の負担が同じなら賃借人相互の公平をも欠くことになります

そこで、賃借人の負担については、建物や設備等の経過年数を考慮し、年数が多いほど負担割合を減少させることとするのが適当になります。

フロアタイルの減価償却・耐用年数は6年になります。




『クッションフロアの張替え費用』でクッションフロアの張替え費用・減価償却について詳しく解説しています


『フローリングの張替え費用』でフローリングの張替え費用・減価償却について詳しく解説しています



トータル616今日4昨日6



コメント


認証コード9150

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional