札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

壁紙クロスに釘・ネジを使用すると退去費用はどうなるのか

壁紙クロスに釘・ネジを使用すると退去費用はどうなるのか

画像の説明


アパート・マンションの下地(石膏ボード)に壁紙クロスを貼っています。

石膏ボードまたはプラスターボードとは、石膏を主成分とした素材を板状にして、特殊な板紙で包んだ建築材料で、防火性、遮音性、寸法安定性、工事の容易性等の特徴をもち、価格も安く優れていることから建築物の壁、天井などに広く用いられていますが、簡単に穴があき、壊れやすい壁材になっております。

壁紙・クロスとは、壁や天井の内装仕上材として用いられております。最近のアパート・マンションでは、ほとんどでビニールの壁紙クロスが使用されており、ビニールの壁紙クロスを、石膏ボードの表面に接着剤を用いて貼り付けています。ビニールクロスは安価で、施工が早く工場で生産された規格品ですので、均一に施工することがきますが、破れやすく、汚れやすい内装材になっております。


部屋を借りて住んでいると、カレンダーを貼ることや、ポスターを貼ることがありますが、この場合、ネジ・くぎ等で壁紙・クロスに傷つけ、壁(下地・石膏ボード)に穴をあけた場合の退去費用はどうなるのか?

壁紙クロスの釘・ネジの退去費用負担は誰がするのか

画像の説明

画像の説明



国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、ポスターやカレンダー等の掲示は、通常の生活において行われる範疇のものであり、そのために使用した画鋲程度の小さな穴、ピン等の小さな穴については、通常の損耗と考えられるため貸主の負担になるものと示されています

釘・ネジなどの壁の大きな穴は原則借主負担になると

ただし、ネジの大きな穴でもカーテンレールやタオル掛けなどの生活するために必要な物が壊れて、壁に穴があいても借主負担にはならいとう判例があります。

裁判所でカーテンレールやトイレのタオル掛けの破損も、石膏ボードに取り付けられた場合、その材質上、取れ易いことは経験則上明らかである。 以上から、通常の使用により生ずる損害、損耗であり、賃貸人が負担すべきとして、賃借人の請求を全面的に認めました判例があります。

個人的は生活上どうしても必要な物で、画鋲では止められない物は、ネジやビスなどを使っても退去費用を請求されることは、無いと思うのですが。


部屋を退去する時の壁紙・クロスの張替え費用について?


6年住むと壁紙・クロスの退去時の費用は1円になるのか?





トータル361今日2昨日1



コメント


認証コード9952

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional