札幌でアパート・マンション・店舗・事務所の敷金相談・退去費用相談・原状回復相談・退去立会い・退去費用の査定・退去費用の計算なら札幌敷金相談センター

クロスに家具の跡・電化製品跡は借主の負担になのか

クロスに家具の跡・電化製品跡は借主の負担になのか

画像の説明

壁紙の家具の跡・電化製品のあと、黒ずみは誰が退去費用を負担するのか


クロスとは、壁や天井の内装仕上材として用いられております。最近のアパート・マンションでは、ほとんどでビニールの壁紙クロスが使用されており、ビニールクロスは安価で、破れやすく、汚れやすい内材料になります。

クロスの家具の跡・黒ずみの費用負担者は



退去立会い時に問題になるのは、クロスに家具、冷蔵庫・テレビなどの電化製品を置いていた跡・黒ずみ・電気ヤケは借主が負担するのか貸主が負担するのかです


原因回復をめぐるガイドライン・判例では、クロスの家具、テレビ、冷蔵庫等の後部壁面の 黒ずみ、電気ヤケは、家具、テレビ、冷蔵庫は通常一般的な生活をしていくうえ で必需品であり、使用による電気ヤケ・黒ずみは通常の使用ととらえるのが妥当と考えられています


家具・電化製品での黒ずみ・電気ヤケは借主負担ではないのです。


ただし、家具・電化製品の黒ずみ・電気ヤケはなんでもが貸主負担ではなく、壁紙の使用の仕方が悪い変色については、借主が原状回復費用を負担しなければいけません

壁紙を汚した破いた具体的張替え費用については張替え費用で説明しています

壁紙減価償却・6年住んだ場合の退去費用は1円になるのかについてはこちらをご覧ください






トータル1064今日4昨日2



powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional