札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

アパート保証人の条件、変更は出来るのか

アパート保証人の条件、変更は出来るのか


アパート・マンションを借りる賃貸契約を結ぶためには、不動産会社から保証人を求められますが、保証人になるための条件とは、保証人が保障しなければいけない債務とは、保証人を止めること、保証人を変更することは可能なのか?

保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす債務(保証債務)を負う者をいいます。賃貸契約の保証人が負う債務とは、賃貸借契約から発生する滞納家賃、損害賠償、原状回復などをすべてを保証することになります。


つまり、入居者が家賃を滞納したり、原状回復費用を払えなかったりする場合に、保証人には入居者の代わりにその費用を支払う義務が生じます。保証人の責任は非常に重いのです

アパート 保証人になるための条件とは


不動産会社から保証人を立ててくださいと言われても保証人は誰がいいのだろうと迷ったことは、ありませんか?

保証人は、審査を通れば誰でもなることはできます。大家さんの気持ちになれば、滞納などのリスクを回避するのは当然です。できれば保証人には、支払い能力があって身元が確かな人物にお願いしたいというところが本音でしょう。


賃貸借契約の保証人は、信頼のおける親族が保証人の条件になることが多いです。




この記事の続きはこちらのページになります



画像の説明





トータル249今日1昨日1



コメント


認証コード2729

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional