札幌でアパート・マンション・店舗・事務所・オフィスの敷金相談・賃貸相談・退去費用・原状回復費用・退去立会い・案内の同行・内見の代行札幌敷金相談センター

アパートマンション案内代行、内見代理

アパートマンションの内見案内の代行・代理を行います


お客様の代わりにアパート・マンションの部屋を見に行きます

ユウヤ様 57pt-内見同行・内見代行-案2-4-min - コピー


[check]遠方にお住まいの方、急なお引越しで、時間が無く、現地まで行ってお部屋探しが困難なお客様の代わりに

[check]部屋選びを間違えたくないお客様の代わりに宅地建物取引士・マンション管理士・賃貸不動産経営管理士・敷金診断士の長谷川行政書士が、お部屋を調査し報告書を作成します。

[check]現地を確認せずに、不動産会社に騙され条件の悪い部屋を借り退去しなくてはならなくなり、当方に退去立会いを依頼するお客様が多くなっております。

アパート内見とは、内見の目的


内見とは、賃貸物件を現地に見に行くことを言います。気になった物件が見つかりましたら、不動産会社に空き状況を確認し、空いていれば見に行くことになります

しかし、最近ではVR技術の発達で、現地に足を運ばずVR映像で物件の様子を確認できるようになりましたが、VRでの内見はおすすめはできません

内見が可能な時間帯は10時~夕方くらいまでが基本です。一般的には1部屋あたり30分程度で内見は済ませられますので、不動産屋から複数の物件を紹介してもらえば、その日だけで5件以上は見て回ることも可能でしょうが、1日に内見する件数は、1日3~5件くらいがベストと思いますが。

アパートの内見は必ず行かなければいけないのか


時間がないから、遠方に引越すことになったからと、物件の下見をせずに入居を決めてしまうケースがあります。ただし、実際に下見に行ってみないとわからないことも多いです。物件を見ないまま契約してしまうと、どんなリスクが起こるかわかりません。

たとえ遠方への引越しであったとしても、物件の下見には行くべきです。時間や費用のやりくりをして現地へ赴き、契約前に物件の下見をしておくことを絶対おすすめします。






この記事の続きはこちらのページに移動させていただきました





トータル324今日1昨日1

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional